木々楽々(キキララ)ブログ

森林インストラクター、樹医の目線から自然環境について考えてみたい、またプラスチックより持続可能な資源「木」を使用した木工品の紹介とDIY を楽しみましょう。

インスタントクリスマスリース

今年も余すところわずかとなりました。師走と聞くだけで忙しいイメージを持ってしまいますね。
街にはクリスマスソングが多くながれるようになり、イルミネーションが彩りを添えます。
クリスマスツリーやリースなど目にする事が多くなり
徐々にクリスマスの様相に包まれ、素敵な気分になりますね。


今回は❗

忙しい日々ではありますが即席のインスタントクリスマスリースを作って見ました。

f:id:KIkiRAra:20201206090903p:plain

f:id:KIkiRAra:20201207182208j:plain

f:id:KIkiRAra:20201207182245j:plain

リースの材料を採取するのに1時間、リースを四つ制作するのに1時間半。2時間半ほどでインスタントクリスマスリースの完成です。

リースの材料
クズ ヒノキ マツボックリ クリ ドングリ スギ葉 ツバキの実 ヘクソカズラ など

作り方

クズはツル性の植物です。1メートル位に切ったクズを交互に丸く巻き上げてリースの骨組みを作ります。
1メートル位のクズを3、4コ位巻き上げるとかなり丈夫なリースになります。

ヒノキの葉をツルに挟め込んで行きます。挟めたヒノキの葉を安定させるために、シュロ縄で巻いて固定します。ヒノキの葉が飛び出している部分はハサミでカットして整えます。

後はお気に入りの材料をグルーガンで着ける前に、リースに材料を乗せてみて位置や色合いを確認してからグルーガンで接着しましょう。

f:id:KIkiRAra:20201208053303j:plain


★リースを飾る理由

お部屋のドアや玄関、お店などにも飾られていることが多いクリスマスリースは、何のために飾られているのでしょう?
もちろん、空間を華やかにする飾りとしての意味もありますが、クリスマスリースには大きく分けて3つの意味があるといわれています。

「魔除け」

クリスマスリースは、一般的に部屋のドア、玄関(出入口)に飾ることで家の中を守るという魔除けの意味が込められているそうです。

クリスマスリースには、モミやヒイラギをはじめとす常緑樹が用いられていることが多いようです。

常緑樹は強い生命力の象徴として使用されます。寒い冬でも力強く、きれいな緑色の葉を付けていることから生命力の強さを感じます。

ちなみに常緑樹には殺菌作用と抗菌作用があるため、「災いから家族を守るもの」という意味も持つようになったそうです。また、モミ・ヒイラギの尖った葉の形も、魔除けの意味を持っていると考えられています。


「豊作祈願」

クリスマスリースには、小さな木の実やリンゴなどの果実が使用されます。
冬は、作物の生産量が少なくってしまう季節であり、
「これからも冬の寒さに負けずに、たくさんの作物が育って欲しい」という願いが込められているそうです。

リースを見かけた時には、どんな飾りがついているか注目してみてください。いろんな実が着いているので見るだけでも楽しくなります。


「新年の幸福祈願」

クリスマスリース」は「クリスマスの時だけの飾り」というイメージがあります。
日本の場合は後ろに正月が控えているため、クリスマスが終わると、お正月飾りを飾るために片付けてしまうことがほとんどです。
しかしキリスト教圏のご自宅では、新年の幸福を願って年明けも飾られることが一般的とされているそうです。


クリスマスリースの《形》《色》の願い❗

《形》
リースの「輪」は、始まりもなければ終わりもないため、永遠という意味があります。
「生命と幸せがいつまでも続きますように。」という願いがこめられています。

《色》
クリスマスリースに使用する色は様々な種類があります。その色にはそれぞれ意味が込められています。

○赤色 ・神の寛大さ・神の愛

○ゴールド ・希望・豊かさ・気高さ

○グリーン ・永遠の命・永遠の愛・力強さ

○ホワイト ・雪・純粋な気持ち・清らかさ・純潔


★ハッピーなクリスマスを❗

今回は、インスタントクリスマスリースと題してクリスマスリースについてご紹介しました。

個人的には忙しく時間がないけど、「オリジナルのクリスマスリースが欲しい」と思い即席でできるリースを作りました。

子供たちが小さい時は一緒になって楽しく毎年、作っていましたが成長するにつれ、それぞれの時間が出来るとリースを作りたいけど妥協してしまいます。しかし、今回は自分のできる範囲で作ってみようと思い、4つも作ってしまいました。
とても作って良かったですし、楽しい素敵な時間を過ごす事が出来ました。

クリスマスリースには、いろんな願いが込められています。
それは、その時代の背景、文化、歴史、地域性、状況などが加味され、リースに願いを込めて愛されて来たのでしょう。

深い意味など知らず、何となく楽しんで作っているリースですが、私はそれでいいでいいと思います。リースを作る事に成約などありません。
一人一人の願いや思いをリースに込めて作ってもいいですし、作る過程を楽しんだり、クリスマスの雰囲気を楽しんだり、リースの深い意味を知ることもいいでしょう。

一人一人、自由に創造し、自由な発送でクリスマスリースを作って、楽しい時間を過ごす事ができれば何よりです。ハッピーで素敵なクリスマスを過ごせますように❗