木々楽々(キキララ)ブログ

森林インストラクター、樹医の目線から自然環境について考えてみたい、またプラスチックより持続可能な資源「木」を使用した木工品の紹介とDIY を楽しみましょう。

森林インストラクター入門(森林のしくみと生態)2

林野庁監修の森林インストラクター入門の解説と感想をお伝えします。

f:id:KIkiRAra:20210511060805j:plain

・森林のしくみと生態(森林の分布)2 日本の森

日本全体の森林を見るための基本は、気候帯で分かれる水平分布および標高で分かれる垂直分布で大まかに分けることが出来ます。

日本は南北に長い国土で北と南では気温差があるので森林の姿も違って来ます。さらに、3000m級の山をもち、本州中央部の山脈により日本海側と太平洋側に分けられているため複雑な植物相をもっています。

十分な降水量があるため、どこでも森林は育ちます。その日本の森林帯を気候帯別に大まかに分けと沖縄は亜熱帯の多雨林、その北が暖温帯で、ここに照葉樹林が分布します。本州の中北部と北海道の東部を除く残りの地域が冷温帯で、ここは落葉の針葉樹林があります。

また、標高が高くなるほど気温が低くなるため、亜寒帯にあたる針葉樹林が山の上部に分布しており、その下に落葉広葉樹林が、さらにその下に照葉樹林が分布しています。

f:id:KIkiRAra:20210511060905j:plain

このような垂直分布は、高い方から亜高山帯(いわゆるシラビソ、オオシラビソ帯)、山地帯、低山帯あるいは丘陵帯と呼ばれいます。また、亜高山帯の上にあるのが高山帯で、背の高い木は出現せず、ハイマツが分布します。

f:id:KIkiRAra:20210513055016p:plain

中部日本の高山帯は2500m以上に分布するが、これが北海道では1000mくらいまでに下がってきます。

以上のとおり、日本の森林帯は気候帯(水平分布)および標高(垂直分布)で大まかに分ける事ができ、その地域にかなう森林帯が分布し条件にマッチするものがその森林帯を形成しています。

森林インストラクター入門(森林のしくみと生態)1

林野庁監修の森林インストラクター入門の解説と感想をお伝えします。

f:id:KIkiRAra:20210305174843j:plain

・森林のしくみと生態(森林の分布)

木は黙っていれば勝手に生えて大きくなるものではありません。
日本は降水量が十分にあるので日本中どこにでも森林があり、日本人は森林があって当たり前だと思っている人が多いでしょう。
しかし、このような降水量の条件を満たすところは、地球上の陸地の3分1くらいしかありません。

私達は降水量の多い国に住んでいるので、雨が降ると嫌だと思う事はしばしばあります。
世界を見てみると、とんでもなく雨の少ない国がたくさんあります。
例えば、エジプトのカイロの年間降水量は、わずか21㎜です。日本で言えば夕立1、2回の量になります。

f:id:KIkiRAra:20210223052004p:plain


このように降水量が極端に少ないところには、木はおろか草も生えません。これが砂漠です。
地球上の陸地の5分1は砂漠です。

もう少し降水量が多いと、そこには草が生え、草原になります。
この草原も砂漠と同じように地球上の陸地の5分1くらいが草原です。

草原にもう少し降水量が増え、湿ってくるとようやく木が生えてきます。
草原の中に木が点々と生え、または茂みをつくってくる。それがサバンナです。


そして、これよりさらに雨が降るとようやく森林ができてきます。これが植生の原則です。

乾燥か湿潤かによって砂漠、草原、サバンナ、森林と対応しているのです。

f:id:KIkiRAra:20210226055237p:plain


f:id:KIkiRAra:20210225060536j:plain

1:熱帯多雨林
2:熱帯・亜熱帯の半常緑樹林
2a:熱帯・亜熱帯のサバンナ・低木林など
3:熱帯・亜熱帯の砂漠・半砂漠
4:冬雨地帯の半緑硬葉樹林
5:暖温帯常緑広葉樹林
6:冷温帯夏緑広葉樹林
7:温帯草原(ステップ、プレーリー、パンパ)
7a:寒冷な冬をもつ砂漠・半砂漠(チベットを含む)
8:北半球の北方針葉樹林(タイガ)
9:ツンドラ
10:アルプスなどの高山植生

世界の植生の分布と降水量の分布を比較して見ると雨の多いところは森林になっていて、雨の少ないところは砂漠や草原であったりします。
そして、この気候がそれぞれの暮らしや文化に大きく影響を与えています。

インスタントクリスマスリース

今年も余すところわずかとなりました。師走と聞くだけで忙しいイメージを持ってしまいますね。
街にはクリスマスソングが多くながれるようになり、イルミネーションが彩りを添えます。
クリスマスツリーやリースなど目にする事が多くなり
徐々にクリスマスの様相に包まれ、素敵な気分になりますね。


今回は❗

忙しい日々ではありますが即席のインスタントクリスマスリースを作って見ました。

f:id:KIkiRAra:20201206090903p:plain

f:id:KIkiRAra:20201207182208j:plain

f:id:KIkiRAra:20201207182245j:plain

リースの材料を採取するのに1時間、リースを四つ制作するのに1時間半。2時間半ほどでインスタントクリスマスリースの完成です。

リースの材料
クズ ヒノキ マツボックリ クリ ドングリ スギ葉 ツバキの実 ヘクソカズラ など

作り方

クズはツル性の植物です。1メートル位に切ったクズを交互に丸く巻き上げてリースの骨組みを作ります。
1メートル位のクズを3、4コ位巻き上げるとかなり丈夫なリースになります。

ヒノキの葉をツルに挟め込んで行きます。挟めたヒノキの葉を安定させるために、シュロ縄で巻いて固定します。ヒノキの葉が飛び出している部分はハサミでカットして整えます。

後はお気に入りの材料をグルーガンで着ける前に、リースに材料を乗せてみて位置や色合いを確認してからグルーガンで接着しましょう。

f:id:KIkiRAra:20201208053303j:plain


★リースを飾る理由

お部屋のドアや玄関、お店などにも飾られていることが多いクリスマスリースは、何のために飾られているのでしょう?
もちろん、空間を華やかにする飾りとしての意味もありますが、クリスマスリースには大きく分けて3つの意味があるといわれています。

「魔除け」

クリスマスリースは、一般的に部屋のドア、玄関(出入口)に飾ることで家の中を守るという魔除けの意味が込められているそうです。

クリスマスリースには、モミやヒイラギをはじめとす常緑樹が用いられていることが多いようです。

常緑樹は強い生命力の象徴として使用されます。寒い冬でも力強く、きれいな緑色の葉を付けていることから生命力の強さを感じます。

ちなみに常緑樹には殺菌作用と抗菌作用があるため、「災いから家族を守るもの」という意味も持つようになったそうです。また、モミ・ヒイラギの尖った葉の形も、魔除けの意味を持っていると考えられています。


「豊作祈願」

クリスマスリースには、小さな木の実やリンゴなどの果実が使用されます。
冬は、作物の生産量が少なくってしまう季節であり、
「これからも冬の寒さに負けずに、たくさんの作物が育って欲しい」という願いが込められているそうです。

リースを見かけた時には、どんな飾りがついているか注目してみてください。いろんな実が着いているので見るだけでも楽しくなります。


「新年の幸福祈願」

クリスマスリース」は「クリスマスの時だけの飾り」というイメージがあります。
日本の場合は後ろに正月が控えているため、クリスマスが終わると、お正月飾りを飾るために片付けてしまうことがほとんどです。
しかしキリスト教圏のご自宅では、新年の幸福を願って年明けも飾られることが一般的とされているそうです。


クリスマスリースの《形》《色》の願い❗

《形》
リースの「輪」は、始まりもなければ終わりもないため、永遠という意味があります。
「生命と幸せがいつまでも続きますように。」という願いがこめられています。

《色》
クリスマスリースに使用する色は様々な種類があります。その色にはそれぞれ意味が込められています。

○赤色 ・神の寛大さ・神の愛

○ゴールド ・希望・豊かさ・気高さ

○グリーン ・永遠の命・永遠の愛・力強さ

○ホワイト ・雪・純粋な気持ち・清らかさ・純潔


★ハッピーなクリスマスを❗

今回は、インスタントクリスマスリースと題してクリスマスリースについてご紹介しました。

個人的には忙しく時間がないけど、「オリジナルのクリスマスリースが欲しい」と思い即席でできるリースを作りました。

子供たちが小さい時は一緒になって楽しく毎年、作っていましたが成長するにつれ、それぞれの時間が出来るとリースを作りたいけど妥協してしまいます。しかし、今回は自分のできる範囲で作ってみようと思い、4つも作ってしまいました。
とても作って良かったですし、楽しい素敵な時間を過ごす事が出来ました。

クリスマスリースには、いろんな願いが込められています。
それは、その時代の背景、文化、歴史、地域性、状況などが加味され、リースに願いを込めて愛されて来たのでしょう。

深い意味など知らず、何となく楽しんで作っているリースですが、私はそれでいいでいいと思います。リースを作る事に成約などありません。
一人一人の願いや思いをリースに込めて作ってもいいですし、作る過程を楽しんだり、クリスマスの雰囲気を楽しんだり、リースの深い意味を知ることもいいでしょう。

一人一人、自由に創造し、自由な発送でクリスマスリースを作って、楽しい時間を過ごす事ができれば何よりです。ハッピーで素敵なクリスマスを過ごせますように❗

秋の山菜

山菜と言えば春のイメージがありますが、秋にも食べられる山菜が数多くあります。ハマナス、ジネンジョ、イチョウ、ヤマグリを紹介します。


f:id:KIkiRAra:20200904223054p:plain


ハマナス

ハマナスはトマトに似た赤い実をつけます。北国の浜辺では群落をつくるほど普通に見られるバラ科の落葉低木です。花が美しいことから、庭木としてもよく植えられます。
ハマナスの葉は、楕円形の小葉で出来た奇数羽状複葉をつけ、縁は鋸歯。枝には鋭いトゲが無数にあります。
初夏にバラの花に似た5弁の炎紅色の花が咲き、熟すとトマトに似た3㎝ほどの赤い実がなります。
赤い実は甘味があり、生食しても美味しくいただけます。多めに収穫できたらジャムや焼酎に漬けて果実酒にも出来ます。


f:id:KIkiRAra:20200904230219p:plain

ジネンジョ

ジネンジョはねばりの強い地中の芋です。山地の林縁など日当たりのよい場所で、ツルを伸ばして成長する多年草。葉は茎に長い柄で対生し、細長い卵形をしています。基部は心形です。雌雄異株で夏に穂状の小さな白い花をつけます。
秋に葉が黄葉してくると、小さなジャガイモのような珠芽(しゅが)むかごを2個ずつ対につけます。
山菜にはむかごと、根に栄養がたまってできたイモ(多肉根)が利用されます。自然のものは強いねばりを持っています。
むかごは茹でておつまみやむかごご飯に、イモはトロロや千切りで和え物にします。


f:id:KIkiRAra:20200904230245p:plain
イチョウ 銀杏(ギンナン

イチョウは古い時代に渡来した中国原産の落葉高木です。街路や寺社の境内に植えられています。高さ40m、直径5mを超える巨木もあります。
雌雄異株で葉は扇形、先端中央に切れ込みがあり、柄は長い。秋の雌株には丸い実がつき、外側の皮の部分(外種皮)が黄色くなると異臭を放つが、かたい中の実(内種皮)ギンナンは食べ頃になります。
11月~12月の晩秋の黄葉は特に美しい風景を醸し出します。
黄色い実は水に数日さらして臭みを取り、中のギンナンだけ外し、よく乾かしてから利用します。
ギンナンは炊き込みご飯や茶碗蒸しの定番です。また、電子レンジで簡単に火を通して食べられます。お摘まみとして最高です。
ギンナンには毒性があるので、食べ過ぎには注意が必要です。


f:id:KIkiRAra:20200904230325p:plain

ヤマグリ

ヤマグリは栽培グリより濃厚な味わいの小型の実が成ります。
山地の雑木林に生える落葉高木で、高さ20mほどで縦方向に裂け目の入った褐色の幹になります。葉は15㎝ほどの長く細い楕円形で互生し、縁は鋸歯になります。
6月に穂状の淡黄色をした雄花を上向きに多数つけ、雌花は雄花の基部にかたまり、緑色で目立ちません。秋にトゲのある殼(殼斗・イガ)に覆われた実をつけ、3個の実が入っています。実は栽培種のクリと比べかなり小さいが、味は濃厚でとても美味しいです。
しっかりした実を選んで煎って食べるか、皮をむいて栗ご飯や煮物にして食べます。

塗装の基本(学んで楽しむ)No. 2

木材の特徴

木材はとても塗装がしやすい素材であり、塗料の食いつきもよい、ただし樹種によっては塗装を吸い込み過ぎるという欠点があります。
その場合は「目止め」という作業をします。これは「とのこ」と呼ばれる粘土を表面に塗り、吸い込みの原因となっている表面の細かい穴を埋めます。

木には独特の美しい木目があり、樹種によって様々な表情があります。そうした木目をさらに強調するために、ニスやステインといった木材特有の塗料を塗ります。

ステイン塗料と造膜(ぞうまく)塗料

塗料に使われる顔料や染料には、木材に染み込んで塗膜を張らないステイン塗料と染み込まずに塗膜を張る造膜塗料があります。どちらの塗料も水性、油性があります。

f:id:KIkiRAra:20200724044102j:plain

ステイン塗料

ステイン塗料は木材用の着色剤です。浸透性なので木目がしっかり残り、白木も高級感ある雰囲気に仕上がります。表面を保護する塗膜作用がないので、透明ニス、またはワックスで上塗りすると良いでしょう。

造膜系塗料

造膜系塗料は主にワックスやウレタンニスという種類があります。無色透明で塗ると木目と木地色が強調され光沢が増します。表面にしっかりと塗膜をつくり保護の役割をします。顔料で色を着けた「着色ニス」と呼ばれる塗料もあります。着色ニスは色ムラが出来やすいので初心者には扱いが難しいので、初心者におすすめは(ステイン+ニス、ワックス)で塗装する方法が安全にペイントできます。

不透明塗装(一般塗料)

木目も木地色も塗りつぶす場合は、一般の色付き塗料(ペンキ)を使います。一般塗料は水性、油性のほか屋外向け、屋内向け、木工品向けなど用途別に細かく分類されています。
一般塗料を塗装することで木目を塗りつぶすことはできます。ただ木の質感は出るので木材独特の雰囲気が損なわれることはありません。
表面のキズを隠したい、木目があまり美しくないなど、様々な理由から用いられることが多いようです。

塗装の基本(学んで楽しむ)

木材塗装の目的

木材をペイントすることで見た目の雰囲気をいろいろと変えることが出来る。インテリア、オシャレ、風合い、高級感、個性の演出、リラックス、癒しなどペイントすることで日々の生活がもっと楽しくなる。
また、上記以外の目的として木材の保護の役割がある。木材は水に濡れると膨張しカビが発生する。乾燥すると反りや亀裂が生じる。風雨にさらされると劣化し表面がめくれ、直射日光で木材の色が変色する。
木材を長く愛用するためには表面をコーティングすることで木材の劣化を遅らせることができる。また防虫、防腐の効果も期待できる。

日常の暮らしの塗装

日常の暮らしの中で塗装されている箇所はいろいろある。家の床はワックス塗装、壁はペンキ、木製ベット、食器棚、タンス、机、テーブル、椅子など、ほとんどニスやオイルステインでコーティングされている。
塗装と一言で言っても上記のようにワックス、ペンキ、ニス、オイルステインと塗装用語が出てくる。劣化して塗り直す場合やDIY でペイントする場合、塗装の基本を知っておくと塗装が楽しくなる。

塗料の種類(水性塗料と油性塗料)

塗料の種類は豊富にある。まず大別すると水性塗料と油性塗料がある。
商品名の多くに油性または水性と書かれている。これはその塗料の溶剤(塗料を溶かすための液体)が何であるかを示している。油性塗料の溶剤はペイントうすめ液(一部のものはラッカーうすめ液)水性塗料の溶剤は水になる。また、油性塗料のひとつであるラッカーは、早く乾燥することが特徴の塗料で、ラッカーうすめ液が溶剤になる。
溶剤を間違えて使用した場合、塗料が解け合わずに分離したり、凝固したりするので注意が必要!
油性塗料は水に強く、耐久性がある。とかつては言われていましたが現在では水性塗料の品質が向上し、いったん乾燥し塗膜ができれば、しっかりと水を弾くし、耐久性も遜色ありません。DIY では「水で薄めたり、洗浄できる」という扱いやすさの点から、水性塗料をおすすめします。

f:id:KIkiRAra:20200628232348j:plain

森林は常に変化している!(遷移について)

森林は変化している?と聞いて「そうだね」と思う人は少ないと思います。それは森林のサイクルが遅いため変化を感じ取ることが出来ないのです。
遷移(せんい)という言葉を聞いたことがあると思います。高校の生物の授業で習った人は思い浮かぶでしょう。

例えば古い建物を壊して更地(何もない土だけの土地)にします。最初は何も生えていなくても、徐々に草が生い茂り、数年経つと背の高い木が何本も生えてきます。このように植生は、時間と共に次第に変化します。その更地に人の手が加えられない限り、ちょっとした植生の移り変わりを見ることが出来ます。

植生の移り変わり
ある場所の植生が、時間の経過と共に移り変わっていくことを遷移と言います。火山の噴火により溶岩が流れ出た後の場所のように、植物や土壌が全くない裸地から始まる遷移を「一次遷移」と言います。それに対して、台風や火事のあと、土地や、種子などの植物体が残っている状態から始まる遷移を「二次遷移」と言います。

裸地(荒原)
火山が噴火すると大量の溶岩が流れます。それが固まると岩石となり大地を覆い尽くします。そこは草本が一本もない「裸地」になります。
裸地の状態は土壌に植物が生長する養分や保水力がないため、そこにいきなり樹木が生えることはありませんし人為的に種を蒔いても発芽することはありません。

コケ植物、地衣類の侵入(4~5年)
裸地に侵入できる植物はコケ植物や地衣類です。なぜ侵入できるかというと、大気中の水分と太陽光による光合成でほとんどの養分を得ることが出来るからです。そして裸地の状態から、やがて少しずつ土壌が形成され、草原ができる環境が整えられていきます。

1年生植物の草原(5年~)
1年生植物は1年のうちにタネを結実する植物のことです。コケ植物・地衣類により保水力や養分を含んだ薄い土壌ができると繁茂しはじめます。

多年生植物の草本(~20年)
多年生植物は地下茎や球根で増える植物です。多年生草本は地上部が枯れても地下茎が残り翌年には再び地表に出てくる植物です。植物の根が岩石の風化を促進します。徐々に樹木が生長できる豊かな土壌が形成されていきます。

陽樹を中心とした森林(20年~200年)
土壌環境が整ってくると、最初は強い光を好み乾燥に強い陽樹が出現します。最初に低木林を形成し、やがて陽樹の高木林が形成されます。


混交林について
高木には大きく分けると陽樹と陰樹の2種類があります。
陽樹は太陽の光をより効率良く光合成し、素早く成長する性質があります。初期の段階で土壌には陽樹と陰樹が生育していますが、強い光でより素早く成長できる陽樹の方が優先種となり、最初は陽樹林が出来ます。
この時、陰樹が全く育たなくなることはありません。陰樹は弱い光でも成長できる性質があるので、小さいながらも陽樹林の中に陰樹は生育しています。このような森林を混交林と呼びます。

陰樹を中心とした森林
陽樹が育ってくると林床に太陽光が届きにくくなります。暗い林床では陽樹は育つことなく、少しの光でも育つ陰樹が成長を始めます。こうした陽樹の成木に陰樹の混じった混交林は陽樹の幼い木となる樹種が成育できないので陽樹は自然に減退します。最終的には陰樹のみが生き残り陰樹を中心とした森林が形成されます。

極相(クライマックス)
陰樹を中心とした森林の林床は、光が少ないので陽樹が育つことなく、少ない光環境で育つ陰樹の幼木が成長します。
このように幼木と成木が入れ替わるだけで構成する樹種はほとんど変化しなくなります。
そのため陰樹の高木林は、これ以上植生が変化しない安定した状態(クライマックス)になります。
長期間にわたり森林が持続し安定した極相林は、環境によって極相林の樹種は限られてきます。
例えば、北海道(亜寒帯林)のエゾマツ林、日本海側(冷温帯)のブナ林、暖温帯の沿岸部のタブの木などが挙げられます。